着るものにも気をつけよう!ヨガを行うときの適切な格好

基本的にヨガを行うときの服装に決まりはありません。しかしヨガは種類が多く、ヨガの種類によって動き方が異なります。
あなたが行うヨガに合った服装で行うことで、ヨガが行いやすくなる上にヨガの効果が高まることも期待できます。
ここでは、ヨガの種類に合った服装について説明します。

 

大きく分けて2つ。それぞれに合った服装について

ヨガの種類は豊富にありますが、大きく分けて2つに分類されます。
1つはゆっくりとした動きでポーズを長くとり、瞑想や呼吸などもゆっくり行う心のリラックスを目的とした静的な動きのヨガです。そしてもう1つは、少し激しい動きで呼吸を2回行うダイエットを目的とした動的な動きのヨガです。
目的が違うのであれば、行うポーズや動きも異なるためそれぞれに合った服装を選ぶようにしましょう。

リラックス目的。静的な動きのヨガの服装

リラックスを目的としたヨガは、ピッタリとした服装よりも少しゆったりとしている服装が好ましいといえます。
暖かい部屋で行わないかぎり、汗をかくこともあまりないため、吸収性の優れた服装をする必要もありません。
また温度調節ができるような服装を選ぶようにしましょう。

ダイエット目的。動的な動きのヨガの服装

ピッタリとした服装の方が、邪魔にならず動きやすいため、ピッタリとした服装をするようにしましょう。
少し激しい動きを行い、汗を流すため吸収性のあるものを着るようにしましょう。また殺菌・防臭効果のあるものをおすすめします。
 

1人浮かないために!ヨガの基本の服装について

基本的にスウェットやジャージは着用しない

よくジムなどではスウェットやジャージを着て運動をしている方もいますが、ヨガは基本的にスウェットやジャージを着て行う運動ではありません。
ヨガはポーズをとるため、スウェットやジャージでは、邪魔になってしまうこともあります。
またこれらの服装は、汗を吸収することで重くなることも考えられます。そのためスウェットやジャージを着用してヨガを行うことは避けるようにしましょう。

半袖かノースリーブを着ている人が多い

ヨガポーズを行うときに邪魔にならないという理由から、半袖やノースリーブといった服装をする方が多いです。半袖やノースリーブであれば、手を上げたり足を掴んだりするポーズも比較的行いやすいです。
またヨガを行っている時にブラジャーが邪魔になることが多く、ブらジャーを着用しない人が多いです。そのためブラジャーを着用しないという方は、パットが入っているものを選ぶようにするといいでしょう。
 

ヨガ専用ウェアがおすすめ!その理由とは

ヨガを行うときの服装に決まりはないため、動きやすい服装であれば問題はありません。しかしここでは、ヨガ専用に作られたウェアを着て行うことをおすすめします。
ヨガ専用に作られているウェアは、立位だけでなく座位や逆転など、さまざまなポーズを行ってもヨガの動きに邪魔にならないような工夫が施されています。
ヨガ専用のウェアでないものを購入し、実際にヨガを行った時にウェアが邪魔になってしまい結局買い直すことになれば、無駄なコストがかかってしまいます。そのため初めから、ヨガ専用のウェアを購入することをおすすめします。
 

おわりに

基本的にヨガを行うときの服装に決まりはありませんが、ヨガの種類によって服装を合わせるようにしましょう。
ヨガ専用に作られたウェアは、立位だけでなく座位や逆転など、さまざまなポーズを行ってもヨガの動きに邪魔にならないような工夫が施されているため、おすすめです。
また服装に決まりはありませんが、スウェットやジャージなどはヨガの動きの邪魔になるため、このような服装は避けるようにしましょう。

参考サイト

まなぶーん「ヨガ初心者必見!目的別ヨガの服装と基本マナー」

Tags :
カテゴリー: 特徴