流派別:それぞれのヨガの特徴

ヨガは今から4,000~5,000年前にインドで始まり、それが海外に渡りさまざまな流派と持つようになりました。
体を鍛えることに重視したヨガや瞑想を中心としポーズをとらないヨガなど、種類によって違いがあります。
ここでは、それぞれのヨガの特徴について説明します。

 

そもそもヨガってなに?ヨガについて

ヨガとは古代インディアンの事故起立の科学で、ヨガというサンスクリット語の単語は、「結ぶ」「縛る」「繋ぐ」「統一」を意味しています。また本人の注意を導き集中し、使いながら応用するといったことを意味しています。
西洋では姿勢やポーズ、呼吸法などが重要視されており、ハタヨガというヨガがよく知られています。ハタヨガは80の違う姿勢を訓練することで、それらの姿勢のさまざまな組み合わせによって、何千もの多様性や多くの分野を生み出しているのです。
 

ヨガの種類を紹介!それぞれの特徴と効果について

パワーヨガ

アメリカ人によってアレンジされたヨガで、筋力トレーニングと意志を強める瞑想が特徴です。ダイエット・筋トレ・デトックス効果が期待されています。

ハタヨガ

瞑想と呼吸法、ポーズを中心としたヨガで、日本でもよく行われています。健康的な体つくり効果や、集中力を高める効果が期待されています。

アイアンガーヨガ

伝統的なヨガに解剖学や心理学などを組み合わせて作られたヨガで、ゆっくりとした動きで行い、集中力を高め、スタミナを養う効果が期待できます。
ベルトやヨガブロックなどの器具を利用して行う必要があるため、高齢者や障害のある方でも参加することができます。

マタニティヨガ

マタニティヨガとは、その名前の通り妊娠中の女性のためのヨガです。出産に向けて変わる体を健全に保ち、出産の準備のために柔軟性や体力、筋力などを養います。
また妊娠中の不安定な気持ちを穏やかにし、出産への不安を和らげる効果も期待されています。

ホットヨガ

ヨガの中でも、1番人気だと言っても過言ではないのがホットヨガです。
室温39度前後の湿度約60%もある部屋でヨガを行い、ゆっくりとしたポーズと腹式呼吸で汗を流し、ダイエットやデトックス効果を得ることが期待されています。
 

あなたに合ったヨガ選びを!ヨガ選びのポイント

年齢や体調、目的に合った種類のヨガを選ぶようにしましょう。
例えば高齢で体の弱い人が始める場合は、ポーズが緩やかで激しい動きを行わないヨガがおすすめです。また自宅でヨガを行う人の場合は、連続性のないポーズの多いものであれば覚えやすく、比較的1人でも簡単に行うことができます。
このようにあなたの年齢や体調、目的に合わせたヨガを行うようにしましょう。
 

ピラティスと間違えないで!ピラティスとヨガの違いについて

ヨガには沢山の流派や種類があり、ピラティスと間違えている方が多くいます。しかしピラティスとヨガには根底からの違いがあり、目的も方法も異なります。
瞑想や精神的に充実させることを重心に置いているヨガに対し、ピラティスは肉体を整えることに重心を置いています。
トレーニング要素の強いヨガもありますが、その根底には精神の集中やリラックス効果があり、ピラティスとの違いをはっきりさせています。
 

おわりに

ヨガは4,000~5,000年前にインドで始まり、それが海外に渡りさまざまな流派と持つようになったと言われています。そのためヨガの種類が多く、特徴や効果に違いがあります。あなたの年齢や体調、目的に合ったヨガを行うようにしましょう。
またヨガはピラティスと同じと思っている方も多いのですが、ヨガとピラティスには根底から違いがあります。ヨガは瞑想や精神的に充実させることを重心に置いており、ピラティスは肉体を整えることに重心を置いているため、間違えないようにしましょう。

参考サイト

YOGA COLUMIN「ヨガには多く種類とそれぞれに特徴があります」
俺のストレスフリー習慣「ヨガの種類と特徴!メリットデメリットを解説」

Tags :
カテゴリー: 特徴