ヨガがダイエットに向いている4個の理由

ヨガは美容や健康、ダイエットなどに効果的なイメージが強く、多くの女性から人気を集めています。特にダイエット目的でヨガを始めるという方が多いです。
しかし本当にヨガにはダイエット効果があるのでしょうか。ここでは、ヨガがもたらすダイエット効果について説明します。

 

痩せる!ヨガがもたらす4個のダイエット効果について

1.脂肪燃焼効果

有酸素運動が、ダイエットに効果的だという話しは有名ですよね。ヨガは有酸素運動の1つであり、ジョギングやランニングのように脂肪燃焼の効果が期待できるのです。
有酸素運動は最低でも20分程度行う必要があり、ジョギングやランニングを、20分ほど続けることは難しいですよね。しかしヨガはこれらの運動に比べて、比較的らくに行うことができます。

2.骨盤矯正効果

骨盤とは体の中心に位置しており、全身のバランスを保つ重要な役割を行っています。骨盤がゆがむことで血液やリンパ液の循環が悪くなり、代謝が下がってしまうのです。
代謝が下がることで自然と1日の消費量が少なくなってしまい、体に脂肪がつきやすくなります。

3.デトックス効果

デトックスとは体内に溜まった毒素を排出させることを言います。体に毒素が溜まることで、血液がドロドロになり肥満や病気の原因となってしまうのです。
ヨガは内蔵を活発に動かすため、消化機能を促進し、排泄効果を高めるためデトックス効果が期待されています。

4.冷え性改善効果

冷え性はダイエットと関係がないように思えますが、体が冷えることで代謝が下がり、太りやすい体質になってしまうのです。
ヨガを行うことで、筋肉を動かし体の内側から熱を作り出すことで血行を促進するのです。血行が促進されると代謝が上がるのです。

部位ごとに変える!部位ごとに効果的なポーズとは

お腹に効果的なヨガポーズ

【やり方】

  1. 骨盤はマットに対して垂直にし、両膝を揃えて背筋を伸ばして座る。
  2. 息を吐きながら右足を、マットと酔鯨になるところまでゆっくり持ち上げる。
  3. 息を吸い、左足も右足同様に持ち上げ、背中が丸くならないようにお腹と背中をしっかり引き寄せる。
  4. 息を吸いながら両腕を、マットと平行になるところまで持ち上げ、その姿勢のまま3回呼吸する。

二の腕とおしりに効果的なヨガポーズ

【やり方】

  1. 両膝を前に立てて座り、足は腰幅くらいに開き両足を平行に置く。手を肩幅に開いて後ろに置き、指先はおしりに向ける。
  2. 息を大きく吸いながらおしりを持ち上げて体と床を平行にする。顎は引き、目線はできるだけ前をみる。
  3. 胸とおしりが上に引っ張られるような感覚で姿勢を保ち、息を吐きながらゆっくりとおしりを下ろす。

 

ヨガはダイエット効果がない!?その真相とは

ヨガでは短期間での減量ダイエットのような効果は期待できません。ヨガは呼吸法を重視した有酸素運動であり、長い期間をかけて徐々に痩せていくというダイエット方法です。
そのためヨガの効果を実感するまでに、最低でも3ヶ月ほどの期間が必要だということを理解しておきましょう。
ダイエット効果を実感するには時間がかかりますが、長い期間をかけて体質を改善することができるため、健康的に痩せることが出来ます。

おわりに

ヨガは脂肪燃焼・骨盤矯正・デトックス・代謝促進といったダイエット効果が期待されています。しかしヨガは短期間で痩せるダイエット方法ではなく、長い期間をかけて体質改善を行い痩せるというダイエット方法です。そのためダイエット効果を実感するには、最低でも3ヶ月ほどの期間が必要だということを理解しておきましょう。
ヨガは早く痩せたいと思っている方には、あまりおすすめしないダイエット方法ですが、長い期間をかけて痩せるため、健康的に行えるダイエット方法だといえます。

参考サイト

ダイエット百科
こいぴた「ヨガダイエットの効果6つ」